サイズが合っていないブラジャーをつけるのがNGな3つの理由

サイズが合っていないブラジャーをつけるのがNGな3つの理由

サイズが合っていない大きいサイズのブラジャーをつけることにより、バストの形を整えるという本来の効果を半減させることにつながってしまいます。ここでは、サイズが合わないブラジャーをつけるのがNGな4つの理由を紹介します。魅力的なバストをゲットしたいと考えている女性必見ですよ♪ 胸が小さい、貧乳コンプレックスを持っている、彼氏に胸を大きくして欲しいと言われた、などの悩みを持っている場合は行動することがもっとも簡単な解決策です。悩みを深く考え過ぎると、とても難しいことのように感じてしまいます。まずは悩まずに出来ることから始めていきましょう。それがきっと自分自身をハッピーにすることにつながります。胸を大きくして自信をつけてキラキラと輝く女性になりましょう♪

1.加齢によるバストの変化を促進してしまう

サイズが合わない大きいサイズのブラジャーをつけることにより加齢によるバストの変化を促進してしまう要因のひとつになります。ブラと胸の間が空いていてカパカパするような状態は注意しましょう。せっかくバストアップに取り組んでも失敗する要因になります。※加齢によるバストの変化については、バストサイズをキープするブラの選び方 3選という記事で詳しく紹介しています。

2.ちくびの黒ずみの要因につながる

キレイなピンク色のちくびが美乳の条件に挙げるケースは多いですよね。実は大きいサイズのブラジャーはちくびの黒ずみにつながります。ちくびが黒ずむ原因はたくさんありますが、摩擦によりメラニンが過剰生成されることによる黒ずみも原因に挙げられます。大きいサイズのブラジャーをつけることで日常生活で胸が固定されず、歩くたびにちくびに刺激を与えることにつながってしまいます。

3.サイズが合わないブラをつけることにより汗ムレや雑菌が発生する

サイズが合わないブラをつけることで、ブラと胸の間にすき間が空いてしまい汗を放置する時間が長くなります。(Tシャツを着た方が汗を吸い取ってくれますよね。)汗をかくことで雑菌が発生してしまい、肌荒れやちくびの黒ずみの原因につながります。

まとめ

いかがだったでしょうか。サイズが合っていないブラジャーをつけるのがNGな3つの理由を紹介しました。間違ったブラの着け方をしていると、ブラジャー本来の機能性や効果を最大化することが難しくなります。これを機に正しいブラの選び方を学んでみてはいかがでしょうか。→胸の大きさの測り方と最適なブラジャーサイズの選び方記事もチェックしてみてください。
バストアップに取り組む前に正しいブラの取り扱いを学んでくださいね♡ 当サイトはバストアップやバストサイズをキープする方法を総合的に紹介しています。他の情報もチェックしてください。また、当サイトオススメのバストアップサプリランキングをチェックしてみてくださいね♡ あなたのバストを大きくしたいという願いにきっと応えてくれると思います。