バストサイズをキープするブラの選び方 3選

バストサイズをキープするブラの選び方 3選

いつまでもキレイな外見、魅力的なバストであり続けたいと多くの女性が考えるのではないでしょうか。魅力的なバストであり続けるには、胸を形を維持するブラジャーも大切な要素のひとつです。ここでは、バストサイズをキープするブラの選び方を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

1.加齢によるバストの変化を理解する

最初に大切なことがステキに年齢を重ねると共に発生するバストの変化を理解することがブラの正しい選び方に欠かせません。バストは10代〜20代がもっともハリがありふっくらとしたバストをキープすることができます。バストアップを努力してもバストサイズをキープする工夫をしないと本末転倒なことになります。前提として年を重ねるごとに変化していくバストの形は全ての女性が共通しています。

  • 1.上胸のバストボリュームが落ちる
  • 2.バスト下部がたわみ、乳頭に元気がなくなり下を向いてしまう(※多くの女性が気にするおっぱいが垂れる現象)
  • 3.垂れたおっぱいがさらに外側に流れてしまう。

バストケアをしないと20代でもステップ2の下に垂れた状態のバストができてしまう女性もいます。これらはいったん変化したら元に戻すのはとても困難と言われています。大切なことはバストに変化が起きるスピードを遅くすることです。バストは「乳腺」「脂肪」とそれを支える結合組織からできています。そのため、バスト自体を筋トレして鍛えることができません。※顔のリフトアップのようにバスト周辺の大胸筋などを鍛えるとバストアップ効果が期待できます。
バストは加齢による女性ホルモンの減少で乳腺と脂肪の比率が変わることで柔らかくなり下に垂れてしまいます。垂れたまま放置すると重みに耐え切れず、さらに外側に流れてしまうことにつながります。また、年齢を重ねると乾燥しやすくなるため肌に柔軟性がなくなることでさらにバストの形が崩れてしまいます。

2.形をキープすること、保湿が大事

ブラは加齢による変化をしっかりと理解した上で自分が置かれているバストの状態を把握し、最適な形をキープできるブラを選ぶことが大切です。また、胸の保湿も大切と言えます。

3.お肌のアンチエイジング同様、ブラも年齢で最適なものが変わる

バストサイズは変わっていなくても女性ホルモンバランスで、胸の柔らかさは変わります。30代になってもハリのある固さをキープしていた20代の頃と同じ感覚でブラを選ぶのは間違いです。柔らかくなったバストだと胸とバストに空きができてしまい、パカパカしてしまいます。そうするとさらなる形崩れを引き起こします。専門のスタッフに胸の柔らかさに合ったブラを選んでもらうことが大切です。年齢によってキレイなバストの見せ方は変わってきますよ♪

まとめ

いかがだったでしょうか。バストサイズをキープするブラの選び方を紹介しました。大切なことは、加齢によるバストの変化を理解すること、バストの柔らかさも重視してブラジャーを選ぶことが大切です。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。
※参照:ワコール 人間科学研究所