胸が大きくなる正しいブラジャーのつけ方とは

胸が大きくなる正しいブラジャーのつけ方とは

普段ブラジャーをどのように付けていますか?実は、ブラジャーの付け方一つで胸が大きくなったり胸の形が悪くなったりかなり差が出てきます。バストにとって重要なことは、ストレスを与えられているか与えられていないかということです。つまり、ストレスを与えないような付け方をする必要があります。付け方一つでそんなにも変わるなら、正しいブラの付け方が知りたくなりますよね。そこで今回は、胸が大きくなるための正しいブラの付け方について紹介します。

間違ったブラの付け方をしていると、、

バストは圧迫されるようになり血流やリンパが流れにくくなりバスト全体に十分な栄養素が送られなくなります。また、溜まった老廃物も排泄出来なくなるため乳腺の発達を妨げたり胸が垂れる原因にもなります。さらに最悪なことに二の腕や背中に脂肪が付きやすく逆に胸につきにくくなります。胸の成長が妨げられるのです。ですので、正しい付け方をマスターしないと、取り返しのつかないことになるかもしれません。

まずは、普段の付け方をチェック!

皆さんが普段のやっているブラジャーの付け方は正しいのかまずはチェックしてみましょう。
普段通りブラを付けてみたら、腕を上下に動かした後、体を左右に動かしてみてください。ブラがズレずにフィットしているか、5つの部分をセルフチェックしましょう。

  • カップ上辺が浮いたていたり、食い込んでいたりしていないか
  • 前中心が浮いていないか
  • アンダーバストが苦しかったり、ズレ上がったりしていないか
  • ストラップがずれたり食い込んだりしていないか
  • バージスライン(胸と体の境目部分)にワイヤーが食い込んだり当たったりしていないか

正しいブラの付け方をしている女性は全体で1割ほどだと言われています。つまりは、間違った付け方をしている女性がほとんどで、胸にストレスを与えて普段生活をしているということになります。胸を大きくするためにも、ブラチェックして、今日から正しい付け方をマスターしましょう♪

ブラの正しい付け方

  • ストラップを肩にかけ、ブラの下側を持ち、前かがみになってバストをカップの中に入れる
  • そのまま後ろのホックを留める
  • 左手で左ストラップの付け根を少し浮かし右手で左バストを中央に寄せながら、右肩方向へ引き上げる
  • 反対も同時に行う
  • 体を起こして最後にストラップを調整する

正しくブラジャーを付けたら、もう一度体を動かしてみてください。ブラがフィットしていればOKです!ストラップはきつすぎると肩こりの原因になるので、人差し指が入るくらいが丁度良い長さですよ。

まとめ

いかかでしたでしょうか。今回は胸が大きくなるための正しいブラの付け方についてご紹介しました。毎日つけるブラジャーは正しくつけないと、胸にストレスを与えてしまい、成長の妨げになってしまうのです。これからは正しくつけてストレスのない大きな胸を目指しましょう♪