エストロゲンの減少が原因で更年期障害が起こる

エストロゲンの減少が原因で更年期障害が起こる

女性らしさい体を作る女性ホルモンは私たち女性の体にとって必要不可欠なホルモンです。女性ホルモンには、妊娠のために子宮内膜を厚くするエストロゲン、妊娠できるように子宮内を質的に変化させるプロゲステロンの2種類が存在します。この2つの女性ホルモンは20歳代をピークに減少していきます。女性ホルモンの減少は私たちの体に様々な影響を及ぼします。なかでもエストロゲンの減少は更年期障害を引き起こす原因として知られています。そこで今回は、女性なら将来なりうる可能性がある更年期障害についてご紹介します。

更年期障害とは

更年期障害とは
閉経前後の約10年間の期間のことを更年期といい、だいたい45~55歳の間の年代を指します。月経周期をコントロールしている女性ホルモンは年齢とともに減少していきますが、閉経が近づくと、卵巣機能は急激に衰えていきます。卵巣機能低下により、体内のホルモンバランスが崩れ、身体的なあるいは精神的な症状現れます。症状には個人差があり程度が低い方も多くいらっしゃいますが日常生活に支障をきたすほどのひどい症状のことを更年期障害といいます。

エストロゲンと更年期障害の関係

卵巣の機能が低下すると卵巣で作られるエストロゲンも急激に減少します。通常、エストロゲンを分泌するとき、脳から「エストロゲンを分泌せよ」という指令が出されます。視床下部が性腺刺激ホルモン分泌ホルモンが分泌され、刺激を受けた下垂体が性腺刺激ホルモンを分泌し、卵巣へ伝えます。その指令を受け取った卵巣は卵巣内の眠っていた一つの卵胞を成熟させエストロゲンを分泌させます。しかし、卵巣機能が低下すると、脳からの指令を受け取ったもののエストロゲンを充分に分泌できるだけの能力がなくなっているので、指令された分のエストロゲンが分泌できなくなります。これにより、脳は混乱し自律神経が乱れてしまいます。自律神経は循環・呼吸・代謝・発汗・体温調整などの機能をコントロールしています。自律神経が乱れることでこれらの機能に悪影響を及ぼし、更年期障害の症状が出てくるのです。

更年期障害の症状は人それぞれ

自律神経の乱れは様々な症状を引き起こします。精神的な症状としてイライラ、情緒不安定、怒りやすくなる、抗うつ状態、神経質などが挙げられます。身体的な症状として頭痛、のぼせ、発汗、冷え、寒気、疲労感、めまい、むくみなどが起きる可能性があります。

更年期障害に有効なサプリ

更年期障害に有効なサプリ
プエラリアサプリは更年期障害の緩和の効果があります。プエラリアはエストロゲンに似た働きをすることで、女性らしい体をつくるバストアップ効果があるとして、胸が大きくなりたいという女性に向けて作られたサプリです。しかし、プエラリアはエストロゲンとして働くので、減少したエストロゲンを補ってくれます。これによりホルモンバランスが安定するようになり、更年期障害を緩和してくれるのです。プエラリアサプリを摂取することによって今後待ち受けている更年期障害の恐怖から逃れられるかもしれません。プエラリアサプリについては下のランキングをご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はエストロゲンの減少で更年期障害が起こるについてご紹介しました。更年期障害は女性ならだれしもが起こりうる病気です。しっかり更年期障害について理解しておきましょう。