20代後半女性でも更年期障害?!「プレ更年期」とは

20代後半女性でも更年期障害?!「プレ更年期」とは

最近体がだるい、立ちくらみがする、すぐにイライラしてしまうなど体調が優れないことはありませんか?これらの「更年期障害」に似た症状、実は20代後半からでも出る可能性があるのです。そこで今回は20代後半でも起こりうる更年期障害に似た症状が出る「プレ更年期」についてご紹介します。

プレ更年期とは?

胸が小さいくて悩む女性におすすめプエラリアサプリ3選
更年期障害について、エストロゲンの減少が原因で更年期障害が起こるという記事でも詳しくご紹介しておりますが、

閉経前後の約10年間の期間のことを更年期といい、だいたい45~55歳の間の年代を指します。月経周期をコントロールしている女性ホルモンは年齢とともに減少していきますが、閉経が近づくと、卵巣機能は急激に衰えていきます。卵巣機能低下により、体内のホルモンバランスが崩れ、身体的なあるいは精神的な症状現れます。症状には個人差があり程度が低い方も多くいらっしゃいますが日常生活に支障をきたすほどのひどい症状のことを、更年期障害と言います。

更年期障害は通常閉経前後の40代後半から50代半ばの女性がかかる病気ですが、閉経とはまだ縁の遠い20代後半から40代にかけて更年期障害に似た症状が出る場合があります。この時期のことを「プレ更年期」と呼びます。

プレ更年期の原因はホルモンバランスの崩れ

プレ更年期の原因は女性ホルモンの乱れからきています。閉経後急激に減少する女性ホルモンですが、20代後半からエストロゲンは減少!それがもたらす悪影響とは?の記事でもご紹介した通り、実は20代後半から徐々に減少しているのです。さらには過度なダイエットをして栄養の偏った食生活を続けていたり、夜更かしして十分に睡眠できていなかったり、私生活の過ごし方が悪ければ女性ホルモンは敏感に反応し、減少してしまいます。女性ホルモンのバランスを崩す原因には、他にも「ストレス」があります。20代後半といえば仕事に慣れてきて、責任のある仕事を任され始める時期ですよね。また私生活では結婚、出産、子育てなどライフスタイルの変化が激しい時期でもあります。このような時期は我慢してしまう傾向にあり、ストレスが溜まりやすくなります。このストレスがホルモンの乱れを引き起こし、更年期障害のような症状を出してしまうのです。

プレ更年期の症状を緩和するには?

質の良い睡眠がバストアップに効く理由と心がけるべき事
このようなプレ更年期の症状を緩和するにはホルモンバランスを整え、安定させることです。そこで、プレ更年期の予防かつ緩和する方法について3つご紹介します。

1.規則正しい生活習慣

栄養バランスの取れた食事を朝昼晩の3食食べて、食べ過ぎないようにすることが大切です。また、寝る時間も気を付けましょう。午後10時から午前2時の4時間は「ゴールデンタイム」と言われるほどホルモンの分泌が活発になっている時間帯です。この時間帯に合わせて眠ることによって、疲労回復はもちろん、肌荒れやホルモンが効率よく分泌されホルモンが安定します。

2.ストレスを減らす

ストレスはホルモンバランスの乱れの大きな原因になるので、ストレスを軽減させることが非常に大切です。例えば自分の好きな歌をカラオケでストレス発散をしたり、軽いジョギングをしたり、友達としゃべったり。また、ストレスをためないようにポジティブな思考と楽観的になることも大切です。

3.プエラリアサプリを飲む

プエラリアサプリはバストアップ効果だけでなく、知っておくべきプエラリアのもつバストアップ以外の嬉しい効果でご紹介した通り、更年期障害の緩和にも効果的です。プエラリアサプリは本来バストアップのサプリとして作られたものですが、更年期障害の緩和にも効果をもたらします。プエラリアは減少した女性ホルモンのひとつ、エストロゲンと同様の働きをしているため、減少したエストロゲンを補ってくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は20代後半でも起こりうる更年期障害に似た症状が出る「プレ更年期」についてご紹介しました。現代社会で起こりやすいプレ更年期とうまく付き合っていくためにこれらの事今日から始めてみてはいかがでしょうか。プエラリアサプリについては下の公式サイトをチェックしてみてください♪