20代後半からエストロゲンは減少!それがもたらす悪影響とは?

20代後半からエストロゲンは減少!それがもたらす悪影響とは?

女性らしさを作ってくれるエストロゲンは年齢と共に減少していきます。その事はご存知の人も多いと思います。ですが、私はまだ20代だから関係ないと思っていませんか?実は、エストロゲンは20代後半から減少していくのです。つまり、20代後半から女性らしさが減っていくと言っても過言ではありません。しかも、女性らしさが低下するだけでなくエストロゲンの低下は私たちの体に様々な悪影響を及ぼします。そこで、今回は20代後半から低下するエストロゲンによってもたらされる悪影響についてご紹介します。

更年期障害

更年期障害
エストロゲンと更年期障害は密接な関係があります。そもそも更年期とはどの時期を言うかご存知でしょうか。更年期とは閉経前後の10年間のことを言い、だいたい45~55歳がその時期に当たります。エストロゲンが活発に分泌されているときは、脳からの指令通りにエストロゲンは卵巣から分泌され、安定した働きをします。しかし、だんだんエストロゲンの分泌が減少してくると、脳からの指令通りにエストロゲンが分泌できなくなり、バランスが崩れてきます。このホルモンバランスの崩れが更年期障害の原因なのです。更年期障害の症状には頭痛、めまい、イライラ、月経不順、しみ、しわなど様々あります。

プレ更年期

40代50代に相当する更年期ですが、20代後半女性のみなさんは、まだまだ先だと安心していてはいけません。なぜならば、20代でも更年期障害が引き起こる可能性があるのです。ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などによりホルモンバランスが崩れると、20代後半からでも同様の症状が出てしまいます。

骨粗しょう症

エストロゲンと骨粗しょう症も密接な関わりがあります。骨は髪の毛やお肌と同じように細胞が入れ替わります。古くなった骨は分解され、新たに新しい骨が生成されるというように骨の代謝が行われているのです。しかし、エストロゲンが低下すると、骨の代謝のバランスが崩れてしまい、うまく骨が作られなくなってしまいます。それによって、全体の骨の量が低下し、骨粗しょう症を引き起こすのです。多くは閉経後のエストロゲン低下によって起きる症状ですが、20代後半でもエストロゲンが低下するような生活をしていると、骨粗しょう症になる可能性がありますので、人ごとではありません。

お肌のトラブル

エストロゲンはお肌ともかなり密接に関わっています。エストロゲンはコラーゲンの生成を促進し、女性のお肌にハリをもたらしてくれます。また、代謝を上げる働きもあるので、お肌のターンオーバーがスムーズになり、みずみずしい潤いのあるお肌を維持してくれるのです。しかし、エストロゲンが低下すると、これらの働きが鈍くなり、お肌にハリがなくなって、しわやたるみが出てきたり、ニキビが出来たり、お肌トラブルが起こってしまいます。20代後半の女性は仕事に追われて、ついコンビニでご飯を済ませたり、十分な睡眠がとれなかったりと、生活習慣が乱れがちですが、エストロゲンの低下が起こると、女性にとって命のお肌が悪くなってしまうので、気を付けないといけません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は20代後半から起こるエストロゲン低下によってもたらされる悪影響についてご紹介しました。ご紹介した症状は主に閉経後に起こることでしたが、20代後半は起こらないという訳ではありません。エストロゲンの低下は20代後半から起こりますので、十分注意が必要なんです。